ビジネススキル

【面接や発表で緊張しない!】自分らしくプレゼンができる方法6選

緊張しないプレゼンビジネススキル
[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

みなさんこんにちは!おれぽてです。

本記事では、面接や発表で緊張しないための方法をご紹介します。

面接や発表は緊張して上手にプレゼンできないな。緊張しない方法を教えて下さい。

このようなお悩みに回答します。

特にこんな方々におすすめ👇

  • 面接が苦手な方
  • 人前で上手に発表したい方
  • 就職/転職スキルを磨きたい方

まず、結論は以下です👇

面接や発表で緊張しない方法6選

本番本番
1.練習を思い出す1.特定の方の理解を得ることに集中
2.聞く姿勢が良い方を探す2.ゆっくりハキハキ話す
3.笑顔を作る3.話の区切りに「えー」と言わない

この記事を読めば、上記の詳細が理解でき、面接や発表で緊張せずにプレゼンができます。

結果として、就職や転職、日常業務で活用できるビジネススキルを養うことができます。

本記事の内容 

  • 面接や発表で緊張しない方法:大前提
  • 面接や発表で緊張しない方法:本番前
  • 面接や発表で緊張しない方法:本番中
  • 面接や発表の後にやるべきこと

これらを解説していきます。

4分程度で読めます!

本記事の信頼性 

  • 大手企業へのプレゼン経験
    ➡ 年間100回以上
  • 大手企業の内定経験
    ➡ 10社以上

昇格試験に合格されたい方向け👇

スポンサーリンク

1.面接や発表で緊張しない方法:大前提

面接や発表で緊張しないための大前提は、事前準備が結果の8割を決めるということです。

面接や発表で緊張しない方法:大前提

  • 事前準備が何よりも重要
  • 1-2回ではなく、最低でも10回は練習
  • 可能な限り、本番と同じ環境で練習

緊張する原因の大半は、準備不足!準備が完璧だと、緊張は和らぐはず!

具体的な事前準備方法

  • 録音し、伝わりにくい点を探す
  • 会場の下見で雰囲気を掴む
  • 予定の1-2分前に終わる時間で練習

練習の積み重ねが、本番での自信になります!

スポンサーリンク

2.面接や発表で緊張しない方法:本番前

面接や発表で緊張しない方法:本番前にやるべきことは、以下3点です。

面接や発表で緊張しない方法:本番前

  1. 練習を思い出す
  2. 聞く姿勢が良い方を探す
  3. 笑顔を作る

詳細を解説します!

1.練習を思い出す

面接や発表の直前は、自分が積み重ねてきた練習を思い出すことに集中しましょう。

補足ポイント

  • 本番前は、平常心を保つことが重要
    ➡ 練習を思い出すことに集中

自分自身と向き合いましょう!

2.聞く姿勢が良い方を探す

聞き手が大人数の場合は、聞く姿勢が良い方を探しましょう。

聞く姿勢が良い方を探すメリット

  • 説明が伝わることが実感でき、落ち着くことができる
    ➡ 結果的に、より多くの方に伝わるプレゼンになる

リアクションが良い方に向け、プレゼンしましょう!

3.笑顔を作る

笑顔を作ることで、緊張を和らげたり気持ちを高揚させてくれます。

補足ポイント

  • 口角を上げ、笑顔を作る
    ➡ 自然と緊張を和らげてくれる
  • 逆に、顔がこわばると気持ちもマイナスに働く可能性あり

自分の笑顔が周りに伝達すれば、会場も良い雰囲気になりますよ!

スポンサーリンク

3.面接や発表で緊張しない方法:本番中

面接や発表で緊張しない方法:本番中にやるべきことは、以下3点です。

詳細を解説します!

1.特定の方の理解を得ることに集中

相手が大人数でも、聞く姿勢が良い方を特定し、その方の理解を得ることに集中しましょう。

補足ポイント

  • いきなり全員に目を向けると、意識が分散するリスクあり

よく会場全体を見てプレゼンするとか言わない?

それも大切だけど、的を絞った方が集中力も上がり、良いプレゼンになることが多いよ!

2.ゆっくりハキハキ話す

本番では想像よりも早口になることが多いため、ゆっくりハキハキ話すことを意識しましょう。

補足ポイント

  • 相手に聞こえやすい声で話す
  • プレゼンの表情や仕草も聞き手は見ているため

1週間前の誰かのプレゼンで思い出せることってどんなことかな?

確かに内容が最初じゃなくて、自信ありそうだったとかの雰囲気かも!

3.話の区切りに「えー」と言わない

プレゼンのスライドの切れ目や、話の合間に「えー」と言わないようにしましょう。

補足ポイント

  • 次の発言に悩んだり、詰まってい印象を与えるため
  • 間隔が空いても良いので、無駄な発言は控える

たまにこれが癖づいてる人も見かけまずが、伝わるプレゼンには不要です!

4.面接や発表の後にやるべきこと

面接や発表で緊張しないためには、プレゼン後に振り返りを行い、都度改善することが必須です。

面接や発表の後にやるべきこと

  • 録音し、聞こえにくい点がなかったか
  • 説明が難しかった箇所がないか
  • 練習通りに説明できなかった箇所がないか

最初から上手い人は稀です。上手な方は、必ずと言って良いほど振り返りをしています!

私自身も、最初の頃は面接や発表は苦手なタイプでした。

しかし、練習を繰り返し、本も読むすることで自分らしくプレゼンできるようになりました。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

5.まとめ:面接や発表で緊張しない方法を理解し、自分らしくプレゼンができるようになりましょう!

今回は、面接や発表で緊張しないための方法を紹介しました。

社会人や学生にとって、プレゼンの機会は今後も増えていくでしょう。

就職や転職で成功したり、仕事の成果にも繋がるため、プレゼンスキルは非常に重要です。

少しの意識で大きく変わります!

本記事の内容をまとめると以下です👇

面接や発表で緊張しない方法:大前提

  • 事前準備が何よりも重要
  • 1-2回ではなく、最低でも10回は練習
  • 可能な限り、本番と同じ環境で練習

面接や発表で緊張しない方法:本番前

  1. 練習を思い出す
  2. 聞く姿勢が良い方を探す
  3. 笑顔を作る

面接や発表の後にやるべきこと

  • 録音し、聞こえにくい点がなかったか
  • 説明が難しかった箇所がないか
  • 練習通りに説明できなかった箇所がないか

面接が上手いと、転職も有効です!

本記事が参考になりましたら、幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

COMMENT