副業

Googleアドセンス 有用性の低いコンテンツ対策7選

有用性の低いコンテンツ対策副業
[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

みなさんこんにちは!おれぽてです。

本記事では、Googleアドセンス審査での「有用性の低いコンテンツの対策をご紹介します。

有用性の低いコンテンツが原因で何度も審査に落ちています。対策のコツを教えて下さい。

このようなお悩みに回答します。

特にこんな方々におすすめ👇

  • ブログ初心者の方
  • 今後ブログを始められる方
  • Googleアドセンスに合格できない方
  • 有用性の低いコンテンツに悩まされている方

まず、結論は以下です👇

この記事を読めば、上記の詳細と解決法が理解でき、Googleアドセンス合格に大きく近づくことができます。

私も1.9か月でアドセンスに合格できました👇

本記事の内容 

  • Googleアドセンス 有用性の低いコンテンツ対策7選
  • それでもまだGoogleアドセンスに合格できない方に向けて

これらを解説していきます。

4分程度で読めます!

本記事の信頼性 

  • 1.9か月でブログ収益化
  • ブログ歴4か月で月5桁収益達成

当ブログは、4か月と17日で単月収益5桁を突破しました👇

なお、本ブログのサーバーは、ConoHa WINGを使用しております。

👇Webサイト制作応援キャンペーン👇
 ・ 月額1,452円→643円〜最大55%OFF!
 ・ 独自ドメイン2つ無料
 ・ 初期費用0円
 ※ 2024年2月28日迄

当ブログの100記事の収益を知りたい方は、以下👇

スポンサーリンク

1.Googleアドセンス 有用性の低いコンテンツ対策7選

Googleアドセンス審査における「有用性低いコンテンツの対策は、以下7点です。

詳細を解説します!

1.プライバシーポリシー

Googleアドセンスに合格するためには、プライバシーポリシーの設置は必須。

プライバシーポリシー

  • サイトのヘッダーorフッターに設置
  • 当ブログのコピペで作成OK

詳細は、以下で解説しています👇

2.お問い合わせフォーム

同じく、お問い合わせフォームの設置も必須。

お問い合わせフォーム

  • ユーザーや企業からの連絡に活用
  • ない場合は、Googleから有用でないサイトと判断されるリスクあり
  • ユーザーの有用性担保のために必要

5分で作成可能です👇

3.固定ページ確認

以下、4つのコンテンツは固定ページで作成しましょう。

固定ページ確認(4つのコンテンツ)

  1. プライバシーポリシー
  2. お問い合わせフォーム
  3. サイトマップ
  4. プロフィール

なぜなら、有益性を判断する指標の1つに、

・ カテゴリーの記事数が担保されているか?

があり、上記を記事で作成するとカテゴリーに含まれず、有用性の低いコンテンツと判断されるリスクがあるため。

特にプロフィールを記事で作成されている方が散見されます!

4.体験談で書く

次に、独自性を出すために体験談で記事を書くことを心掛けましょう。

体験談で書く

  • 体験談を含めることで独自性が上がる
  • Googleも認識しやすくなり、上位表示がされやすい

レビュー記事などがおすすめ👇

5.カテゴリー、タグ設定

有用性を担保するため、カテゴリーやタグの記事数は「3記事以上は確保しましょう。

カテゴリー、タグ設定

  • カテゴリーだけでなく、タグも対応が必要
  • カテゴリー、タグともに3記事以上確保

私も当初は、タグ記事が1つしかないものもありました…。

6.オシャレなサイト設計

記事内容ももちろん重要ですが、有用性を上げるためにはオシャレなサイト設計も必要です。

オシャレなサイト設計

  • ユーザーが見やすいサイト設計が必要
  • ユーザビリティの高いサイトが、Googleに評価される

アイコンやアイキャッチだけでも、サイトの印象が変わります👇

人気記事や内部リンクで記事を繋げることも有益!

7.プロフィール

サイトの運営者が誰であるかやブログ内容について、ユーザーが理解しやすいプロフィールを作成しましょう。

プロフィール

  • 自己紹介
  • 保有資格などがあれば
  • ブログを始めたきっかけ
  • ブログテーマの紹介
  • なぜそのテーマにしたのか?

これらを充実させ、ブログに独自性を出しましょう!

スポンサーリンク

2.それでもまだGoogleアドセンスに合格できない方に向けて

ここまでを行い、まだGoogleアドセンスに合格できない方は、審査用コードを見直しましょう。

詳細を解説します!

1.審査用コードの貼り付け位置

まずは、アドセンスの審査用コードが正しい位置に貼れているかを確認しましょう。

審査用コードの貼り付け位置

  • ブログの<head>タグと</head>タグの間に貼り付ける

    <審査用コード例👇>

    <script async
    src=”https://pagead2.googlesyndication.com/
    pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-
    xxxxxxxxxxxx” crossorigin=”anonymous”>
    </script>
 

<head>の直後に貼り付けすることを忘れずに!改行などはNG!

2.審査用コードの貼り方

次に、審査用コードに改行やスペースキーが含まれていないかを確認しましょう。

審査用コードの貼り方

  • Googleのコードをコピペすると、改行やスペースが含まれている可能性あり

私もこの対応を行いました!

スポンサーリンク

3.まとめ:有用性の低いコンテンツ対策を行い、Googleアドセンスに合格しましょう!

本記事では、Googleアドセンス審査における「有用性の低いコンテンツの対策を紹介しました。

特にブログ初心者は、Googleアドセンスに合格できることが大きなモチベになります。

対策を行えばアドセンスに合格することができますので、諦めずに審査に出しましょう!

周りは気にせず、自分のペースで!

本記事の内容をまとめると以下です👇

ただし、収益化には、アフィリエイトの方法もあります👇

月1万円稼げるロードマップはこちら👇/ブログアフィリエイトにチャレンジ ≫ 

本記事を通して、皆様の円滑なブログ運営に少しでも貢献できますと幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

COMMENT